オーダーメイドゴルフグローブ > 贈り物に選ばれるその理由 > 羊革がゴルフグローブになるまで

革がゴルフグローブになるまで
オーダーメイドゴルフグローブが出来上がるには、大きく分けて7つの工程があります。
アスキューオリジナルになめされた革が手袋職人の元に届き、

1、革伸ばし
2、手型を元にどのタイプの裁断パーツを使うか判断する
3、革の裁断
4、縫製作業 グローブ本体
5、縫製作業 へりつけ
6、ネーム刺繍入れ
7、仕上げ作業

の作業を経て完成します。
グローブ作成の7工程を動画などもご用意しながらご説明しておりますので
ぜひご覧くださいませ。


ステップ1、革伸ばし
羊一頭分の革 グローブ作成に欠かせない革伸ばし作業。
これが羊一頭分の革です。
裁断前にきちんと革を伸ばしておかないと
グローブの仕上がりに影響します。
革を伸ばすのに最適な機材。
職人さんの手づくりです。
革を伸ばす機材。
革を縦横に伸ばします 一枚の革を縦、横に10回も20回も伸ばします。伸ばすことで革がやわらかくなり味やツヤが出ます。また、革の伸びどめの意味もあります。
その後、伸ばした革は縮みがでるのでしばらくおきます。
ステップ2、手型を元にどのタイプの裁断パーツを使うか判断する
サイズ手型 お客様一人一人の手型用紙をチェックします。
その時参考になるのがこのサイズ手型です。
手型から手の幅、指の長さ等をチェックします。
また、職人さんは自分の手を基本にして
この手型の手が大きいか小さいか等を考え
このサイズ手型で合わせながら
どのサイズの裁断パーツを使うか判断します。
手型から手の幅、指の長さなどをチェック
手型やマチ部分の裁断パーツ 手形や指のマチ部分の裁断パーツは
複数個ある中から最適なものを選んでいく
この作業は、グローブの出来上がりを左右する
非常に重要な作業で熟練の職人さんだからできる技です。
さらに、裁断パーツで抜いた革が
そのままグローブになるわけではありません。
お客様一人一人の指の長さなどをみながら、
抜いた手型から指先を何ミリカットするかなどを
細かく記載していくのです。
抜いた手型からさらに細かく記載
たとえお客様が手型用紙に、普段のグローブサイズを26と記載されていても、実際にこのサイズ手型で合わせてみたら、24の裁断パーツの方がよりフィットするグローブになるといったことも多いのです。メーカによってグローブサイズが違うし、本革と違って合皮は伸び率も違うからです。

このような場合、今までサイズ26を使っていた方はサイズ24で作ったグローブをキツイと感じることがあります。
それは、今までジャストフィットしていないゆるいグローブを使っていたためだそうです。
職人さんは、絶対このサイズ24のグローブの方が手にフィットしてクラブを握りやすいと自信を持ってグローブの製作にかかります。
ステップ3、革の裁断
裁断パーツ 裁断パーツ使用
パズルのように傷をよけて抜きます 手型、親指、指のマチ6つ、マジックテープ、
それぞれのパーツをパズルのように傷をよけ、
どこになにをおいて抜けばいいか最適化を
考えながら裁断します。
これで一枚のグローブが出来上がります。
裁断パーツで革を抜いたものです。
こんな感じでグローブになっていくのです。
これで1枚のゴルフグローブ分です。
親指、人差し指に通気穴を開けます 親指、人差し指に通気穴を開けます。
もちろん、この穴開けに使うパーツも
職人さんの手作りです。
手作りの穴あけパーツ 穴あけ
手型を見ながら微調整 手型用紙を見ながら抜いた革の指先を
カットして微調整を図ります。
縫製作業 グローブ部分
ミシンで親指をつけます 縫製2
指部分にマチをつけ縫製 ミシンで親指をつけ、
指部分にマチをつけ縫製していきます。
人それぞれ指の太さが異なるように
マチのサイズも手形によって違なります。
縫いしろはミリ単位。繊細な作業が必要です。
その後余分な縫いしろ部分をカットします。
これはより手にフィットさせる為に
重要な工程なのです。
余分な縫い代部分をカット
ムービー:縫製作業 ゴルフグローブ本体
グローブ本体を縫製している動画があります。
再生ボタン部分をクリックしてご覧ください。
縫製作業 へりつけ
グローブ部分とは違うミシンで縫製 次にグローブのヘリ部分にへり生地をつけ、
マジックテープ部分を取り付けます。
グローブ部分を縫ったミシンとは違う別の
ミシンで縫製していきます。
数ミリのヘリ生地部分を縫う神経を使う作業です。
ゴルフグローブのへり部分にヘリ生地をつけ 数ミリのヘリ部分、神経を使う作業です
ムービー:縫製作業 へりつけ
グローブにへりつけをしている動画があります。
再生ボタン部分をクリックしてご覧ください。
ステップ6、ネーム刺繍いれ
革に不織布を貼り付け 刺繍しやすいように革に不織布を貼り付けます。
ネームは刺繍専門の職人さんの手刺繍 アスキューではすべて手入れ刺繍でお願いしています。
ネームは刺繍専門の職人さんが手刺繍で行ないます。
コンピューター制御で行なう所も多いですが、機械でやると微調整がしにくいし、
手刺繍はなにか味があるのでアスキューではすべて手入れ刺繍でお願いしています。

鉛筆で文字を描くように刺繍 下書きもなく縫い上げます
あっという間にネームが仕上がり 職人さんはミシンを、
まるで鉛筆で文字を書くように操り
下書きもなく一筆書きしているように縫い上げます。
まさに職人技。あっというまにネームが仕上がります。
ムービー:縫製作業 ネーム刺繍入れ
ネーム刺繍入れをしている動画があります。
再生ボタン部分をクリックしてご覧ください。
その後余分な不織布をカットし、
マジックテープを貼り付け縫製します。
マジックテープを貼り付け縫製
ステップ7:仕上げ作業
職人の秘密兵器 ゴルフグローブの指部分をひっくり返す
ムービー:縫製作業 仕上げ
仕上げ作業をしている動画があります。
再生ボタン部分をクリックしてご覧ください。
またまた登場、職人手づくりの秘密兵器。
裏向けで縫い上げたグローブの指部分をひっくり返すための道具です。
一本一本、丁重に表向けにしていきます。

くりがねを選ぶ くりがねを熱する
つぎにグローブのサイズにあったくりがねを選び、電熱線で熱します。

グローブにくりがねを装着 縫いはずれなどを確認
グローブにくりがねを装着しながら縫いはずれがないかなどを確認、仕上げのアイロンがけを行ないます。

木槌でカタチを整えます 再び目視でチェックし、
木槌で軽く叩きながら形を整えます。
最後 型崩れしないように丸一日寝押しを行う
最後に型崩れしないように丸一日寝押しを行ない完成です。

この後出来上がったゴルフグローブはアスキューに届けられ、イニシャル、カラーなどの間違いがないかをチェックし、
お客様のもとへ商品を発送させて頂きます。
すべての工程を職人が手作業で行なっているためお作りするのに時間はかかりますが、
そのフィット感はきっとご満足いただける最高の仕上げになっていると自信をもってお届けします。

フッターライン