天然皮革と合成皮革の違いについて


ゴルフグローブに使われる材質で多いのが天然皮革と合成皮革・人工皮革です。
ひと目見ただけでは、違いがよくわかりにくいですが、その素材は異なり特徴も大きくことなります。

人工皮革と合成皮革とは本物の革製品ではなく、基材と言われる生地のベースとなる素材に、樹脂を浸み込ませたりまたはコーティングし、表面に型押し等の加工をして外観や触感を本物の皮革風にした製品を言います。

また、「人工皮革」と「合成皮革」の違いについては家庭用品品質表示法では、
・人工皮革
:基材に特殊不織布を用いたもの。
・合成皮革:基材に特殊不織布以外のものを用いたもの。

と、区別されています。

※特殊不織布とは?

ランダム三次元立体構造を有する繊維層を主とした基材に、ポリウレタンまたはそれに類する物質を含浸させたものをいいます。

天然皮革の構造

事例:牛革の場合
天然皮革の構造:拡大写真
牛革など毛が付いていない天然皮革製品はまず、「表皮部分(皮膚)」と「毛」は加工処理により除去し、「皮下組織」も裏打ち加工により取り除かれます。そして残った部分の「コラーゲン層」と「銀面層」で、生地を形成しています。
「コラーゲン層」とは、たんぱく質であるコラーゲンの繊維が立体的に絡み合い組織を形成しています。
「銀面層」とは、「表皮部分」に近い緻密な繊維構造を持ち、革の表革として使われます。


人口皮革の構造

人口皮革の構造:拡大写真
化学の力で、天然皮革に構造を限りなく似せて作ったもの。
天然皮革でいうところの「コラーゲン層」には、超極細状のナイロンやポリエステル繊維を立体的に絡み合わせたうえ、ポリウレタン樹脂を浸み込ませて組成した「不織布層」があります。
また、表面には大半がポリウレタン樹脂を用いた「表面樹脂層」を施し、本物の皮革に似せたデザイン加工によって、天然皮革と似た構造と風合いを作りだしています。


合成皮革の構造

合成皮革の構造:拡大写真
基材に不織布以外を用いたものが合成皮革と言われ、編物や織物をベースにし、その上部にポリウレタン樹脂を厚く塗ったり、貼り合わたりしたものです。また、目に見える部分である表面は天然皮革に似せたシワを人工的に作り出しています。
東京都クリーニング生活衛生同業組合様より引用


使用感の違い


天然皮革には吸湿性と放湿性という二つの性質があります。
一方で汗を吸い取ると同時に反対側ではその水分を適当に発散するため「かわは呼吸する」と言われます。
しかし、合成・人口皮革はあくまでも、天然皮革の外観や構造をまねて作られたものなので呼吸はしません。

フッターライン