二人の呼吸を合わせて仕上げるオーダーメイドのゴルフグローブ



グローブ作りはお父さんの裁断がすべて。「グローブづくりはお父さんの裁断がすべて。
裁断がうまげにいかんと、いくら一生懸命縫うても
ええグローブには仕上がらんけんね。
裁断は経験がものをいう作業やけん」

奥さまは裁断から縫いまで
夫婦でするからわかることが多いという。

「例えば裁断されてきたグローブパーツの中に、
人差し指だけやけに長い人がおったとするやろ。
パーツだけを渡されて縫うだけの人やったら
なんも不思議に思わんとただ縫うたらええだけ。

うちはお父さんが革を裁断しとるんを見よるけん、
その場でその指の長い人の手型も見とる。
やけん、そうや。
この人はこんな手の人やったって安心して縫えるんよ。

逆にな、この裁断はどうな?っていうもんにも気がつけるん。
裁断と縫製は夫婦で二人三脚でやるんがええね。
相手の悪いとこがすぐわかるけん」





相棒のブラザーミシン何十年もお父さんが裁断したパーツを
ゴルフグローブへと縫いあげてきた奥さま。

「このミシンは薄手もんを縫うんがうまいんよ。
 ゴルフグローブを縫うんにちょうどええんわ」

お父さんと過ごしてきた同じ年月を共に歩んできた
相棒のブラザーミシン。

今日もステッチを刻む音が響いている。



≫ グローブ職人インタビュー01「手袋職人の想い」へ

フッターライン